2級メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)の資格詳細

2級メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)

2級メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)

メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)とは、医療事務従事者としてのスキルを証明するために日本医療教育財団が実施する資格制度です。

具体的には、病院やクリニックなどの医療機関で、受付業務、会計業務、オペレーター業務などの院内コミュニケーションに関わる業務のほか、診療報酬請求事務(レセプトの作成)などを正確に行うためのスキルを評価、認定するものです。

試験のレベルや科目によって、合格者には1級メディカルクラーク(医科・歯科)、2級メディカルクラーク(医科・歯科)の称号が与えられます。30年以上の歴史があり、年間数万人が受験する注目度の高い試験なので、医療機関で働くのに有利な資格になるでしょう。

認定機関

日本医療教育財団

受験/合格するためには?

2級の受験資格には、教育機関等が行う教育訓練のうち、審査委員会が審査規定によって認める「2級試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に沿った教育を履修している者、または医療機関等で医療事務職として6ヶ月以上の実務経験があることなどの条件があります。

資格を取得するためには、患者接遇、医療事務一般知識、診療報酬請求事務等に関する専門的なスキルの習得が必要です。

どんな活躍が期待できる?

メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)の資格は、病​院​や​診​療​所​、​ク​リ​ニ​ッ​ク​、​歯​科​医​院など、さまざまな​医​療​機​関でスキルを活かすことができます。ほかにも、健診センターや​調​剤​薬​局などで事務職として、経験を積むこともできるでしょう。上級資格を取得することで、さらに活躍の場を広げることも期待できます。


pagetop

条件を選択して看護・福祉・医療系専門学校を探す